ポラリティセラピーは 「こころ」と「からだ」と「魂」のバランスを

取り戻すホリスティック療法です

 

 

宇宙や自然界は(プラーナ・気)と呼ばれる生命エネルギーで満ちています。私たち人間も宇宙の一部であり、「こころ」も「からだ」もすべてが人間を形作っている一つの生命エネエルギーシステムなのです。

どこも悪いところはないのに

体調がすぐれない

元気がない

イライラする

何もしたくない

このような症状を経験されたことはありませんか?

これは、生命エネルギーがブロックされ滞っていると考えられます。エネルギー(気)の流れが妨げられると、体調不良や、精神的な落ち込みや心の不安定さとなって現れます。

 

ポラリティセラピーは、滞っているエネルギーブロックを外し、その人本来の生命エネルギーの流れの回復と5つのエレメントのバランスを良くして、こころ」と「からだ」と「魂」の全人的な健やかさをめざすホリスティック療法です。

 

ボディワークの特徴

 筋骨ではなく優しいタッチでエネルギーに働きかける穏やかなセラピー

ポラリティとは「極性」を意味し、人間の体のプラス(陽)とマイナス(陰)のエネルギーを利用したボディワークです。

両手を使って、エネルギー(気)の流れと5つのエレメントのバランスを整えて心身両面の治癒と健康をサポートします。

筋肉をもみほぐすのではなく、 両手で体の2点をゆらしたり、軽く押たりしながら、静かで優しいタッチでエネルギーの流れを促して心身の緊張をゆるめて、本来の生命エネルギーの回復を促します。

生命エネルギーと5つのエレメントのバランスが整うとその人本来の流れ戻り、痛みや緊張やコリが解消します。

痛みのないとても穏やかな施術ですので、お子様からお年寄りまでどなも気軽に受けていただけます。

 

「からだ」だけでなく「こころ」も軽くなるセラピー

「からだ」と「こころ」と両方からアプローチしてゆきます。肉体レべけでなく「こころ」の解放や気づきにもつながります。

不要な感情が解放されて「こころ」が軽くなりすっきりします。

潜在意識にあった思い込みや制限が外れると、新たな気づきがもたらされ、自分自身の成長につながります。

施術中は寝てしまう方もあります。穏やかな施術なので心地よい深いリラックスが味わえます。

創始者医師ランドルフ・ストーン博士(1890-1981)について

アメリカのシカゴで、カイロプラクティック、オステオパシー、自然療法等の医師として開業しましたが、一度治った患者が戻ってくるのをみて、更に研究を深めます。神秘学、神智学、占星術、カバラ、古代インド哲学、アーユルヴェーダ、ヨガ、瞑想など古今東西の医療の研究を続けながら、84歳までアメリカで診療を続けました。引退後は、インドの瞑想センターで無料診療を開きながら瞑想の余生を送り91才で永眠しました。

ストーン博士の考える健康観とは、『健康とは身体だけのことではなく「からだ」「こころ」「魂」が一つの生命体として調和し、リズムを保っている状態。「魂」が「からだ」と「こころ」を通し自由に表現されている状態。』と言っています。

健康でいる事は、自分らしく自由に幸せに生きる事なんですね。

どんな方にいいの

元気になりたい方、こりや痛みのある方、ストレスを解消したい方、緊張をためやすい方、美容や健康維持のため、リラックスしたい方 、自分らしさを取り戻して輝きたい方、人生の転機に立っている方、 困難に直面している方、ご家庭や仕事で看護や介護やセラピーをしている方

効果が期待できる症状例

頭痛 首のこり 肩こり 腰痛 関節炎 猫背 消化不良 胃腸障害 更年期障害 冷え性 生理不順 むくみ 下痢・便秘 疲労倦怠 目の疲れ 不眠症 ストレス 身体的・精神的ショック 病後・術後の回復 自律神経失調 集中力不足 思考力低下 イライラ感