瞑想

(静座・内省)

呼吸法

 アイソメトリック    ヨーガ(アーサナ)

 「今・ここ」=こころの安定

 

心身の安定や健康を保つのに役立ちます。

ヨーガ療法技法を実習して、普段無関心になりがちな、心身のつながりを理解して,自分自身の「こころ」や「からだ」に目を向けて見ませんか。

「今・ここ」

こころの安定

  ヨーガ療法の3つの柱

 

・アイソメトリックヨーガ(アーサナ)

・呼吸法

・瞑想(静座・内省)

1.アイソメトリックヨーガ

 

アイソメトリックとは等尺性運動

きれいなポーズがとれるように行うわけでなく、難しいーズもありません。アーサナ(アイソメトリック運動=負荷をかける)は、「今・ここ」に意識を向けて行うバイオフィードバック法になっていますので、心身状態を良く知る助けになります。また、アイソメトリックの負荷は、成長ホルモンを促し筋力を高めアンチエイジングや、筋トレ効果が期待されています。

緊張と弛緩を繰り返し行なうので、緩みや温かさを感じられ、深いリラックスを味わえます。

●からだにアプローチ

●緊張と弛緩

●からだの声を聴く

●今 ここの自分を観る

●客観視

レッスンで行うのは以下の3つの技法です

      ポイント! 

 ・その日の体調に従う

 ・無理をしないで行う

 ・がんばり過ぎないで行う

 ・他の人と比べない

 ・気持ちよさを味わう

 

 2.呼吸法

 

呼吸を整えること=セルフコントロール

呼吸は生きる上でなくてはならないものです。

生命エネルギーの循環をしている呼吸は、生理機能に影響します。深くゆっくりとした呼吸は、副交感神経が優位になりリラックスしやすくなりますし、免疫力が高まりナチュラルキラー細胞(賦活化)が高まることが確認されています。

 

     深い呼吸

●自律神経系を調整

●免疫力を高める

●内分泌系の調整

 3.瞑想(静座・内省)

 

より自分らしくなるために・・・

瞑想は、いつもあちこちにさまよう「こころ」の働きを「今・ここ」に戻してくるのにとてもよい方法です。自分の「こころ」の働きを観ることで、普段気づいていない自分を知り、自分の意識を高めることができます。

静かに座り「こころ」を鎮めて、本来の自分の穏やかさと健やかさを取り戻しましょう。

 

     瞑想の一例

●自分のこころの観察

●呼吸している自分を観察

●その日一日の出来事を

  思い出す